さまざまなメリットがある飲食POSレジを利用してみませんか?

サイトマップ
QRコード決済

飲食POSレジの導入は良いことばかり

ドロワーの中のお金

最近では、小さい個人店のような飲食店でも導入されているPOSレジですが、飲食POSレジをいれると何が便利なのかお伝えいたします。まずはスタッフへの教育の観点からも飲食POSレジは非常に効率が良いということです。POSレジは、親元の機械から商品名や値段などすべて設定できるようになっています。このことから、まず値段の打ち間違えや新メニューや価格変更があった際の対応がスムーズにいきますし、新人スタッフ教育の時間短縮にもなります。また、飲食POSレジは売上の計算や分析をする際も非常に便利です。長く使い続ければ続けるほど、過去の売上データが蓄積されていきます。この蓄積されたデータこそがお店を経営するにあたって非常に大切なものとなります。過去のある時期の客単や、細かく設定すれば売れたお酒の種類まで、正確なデータが残っているので本年の計画も非常に立てやすく、時間を掛けずに戦略を立てることが可能になります。このように、新人スタッフの教育面から売上の分析や年間の計画まで、飲食POSレジの導入は様々な観点から見ても、かなり有効的だと考えられます。飲食POSレジは、最近ではいろいろな種類が出来ています。大きい店舗やチェーン店向けのPOSレジから小さい個人店向けのPOSレジなど、きっとそのお店にあったものを見つけられるでしょう。ぜひ導入を考えてみてはいかがでしょうか。

正確な金銭の受渡しや情報分析ができる飲食POSレジ

飲食店を経営しているなら、飲食POSレジの導入を考えてみてはいかがでしょうか。飲食POSレジの最大の特徴は、会計時にお客さんと金銭の受け渡しがあった時、その情報が随時登録され、後に分析し戦略に役立てることができるという点です。例えば何時にこのメニューがよく売れる、平日のこの時間帯は人が多いなど、客足や売れ行き等を分析できるため、シフト人数の確保や食材の仕入れなどに役立てることもできます。さらに嬉しいのは、金銭の受け渡しが確実で正確な点です。自動の金銭機能がついているため、受け取ったお金を投入すれば自動的に数えてくれ、釣銭も間違いなく渡せます。普通のレジでは店員が金額を打ち、もらった代金を黙視で確認し、釣銭をレジから直接取って渡すという作業があり、どれか一つ間違えるだけで計算が変わり、日計や月計の計上の際に困ってしまいます。店員の誰かを疑うことになってしまうと人間関係も崩れてしまいます。その点飲食POSレジなら、正確な金銭のやり取りが実現でき、計上作業もスムーズに行えます。また、日計などもボタン1つで簡単に出せるため、無駄な残業も減らせ経費削減にも繋がります。今後の発展のために、飲食POSレジを導入しましょう。

飲食POSレジはスムーズな会計が実現できる

飲食店で従来のレジから飲食POSレジに移行するお店が増えました。飲食POSレジは簡単に言うと、お金のやり取りの情報が登録される自動釣銭機能付の便利なレジです。ネットワークに繋がっているため、その情報を利用して戦略を立てたり、分析して店内で周知徹底するのに役立ちます。従来のレジは、お会計の時にレジ打ちをする必要があり、煩わしいと感じる店員は多いようです。さらに打ち間違いの可能性やお金の数え間違いなどが発生すれば、現物と集計が合わず、どこで間違えたか等探さなければなりません。飲食POSレジを導入すればその煩わしさから解放されます。また、メニューの登録数も多く、手打ちの必要がないため会計時間を短縮できます。また、会計のみならず、POSレジでは出勤者の勤怠管理が同時に行えます。わざわざタイムカードをいれたり、時間を自分で書く必要なく、正確に不正なく給与の計算が行えます。飲食POSレジの導入を検討しているけど、難しそうで迷っているという飲食店もありますが、実際に使ってみると複雑な操作はなく、導入後はスムーズな業務が行えるようになったという歓びの声も多いです。スムーズな業務を実現したいなら、飲食POSレジの導入を考えてみてはいかがですか。

しかし、POSレジの導入を考えているものの、機械音痴だからという理由で二の足を踏む人もいるでしょう。そういう方にもおすすめなのが【ワンレジ】です。【ワンレジ】は操作が簡単で分かりやすいPOSレジですから、すぐに活用し始めることができます。

TOP